mimosaで扱わせてもらっている作家さんの紹介



ryota taniuchi (アクセサリー作家)



真鍮やシルバーなどを使って制作されている谷内亮太さん。
谷内亮太さんの作品はトリなどの動物以外にもアンモナイトや太陽、雲など
自然モチーフの作品は谷内さんならではの世界観があり、ファンも多い。
型にはめるのではなく、1つ1つ手で制作されています。
少しずつ形や表情が違うのでじっくり自分好みの作品を選ぶのも楽しいですよ!
京都の北白川にショップもあります。
こちらのショップは1Fはオリジナルのパンやジャム、2Fには作家モノを販売されている
素敵なお店ですので是非行ってみてください。

<ブランドコンセプト>
アクセサリーは装飾品であると共にお守りや魔除け、
結婚指輪など人が願いや気持ちを込める入れ物として存在していると考えています。
使うひとの気持ちが入って始めて自分の作るアクセサリーは完成します。
願いや気持ちを入れる入れ物、または家。
家はアイヌ語で"ちせ"

<設立のきっかけ>
大学の時、陶芸学部に所属して陶器でオブジェを作っていたが、
卒業してから自分の制作活動に違和感を感じ、
今後は身に付けてもらえるアクセサリーを作ろうと考えて作り始める。

<profile>
1978年 京都府に生まれる
1998年 京都精華大学造形学部入学
2002年 京都精華大学造形学部卒業
2003年 京都市立芸術大学大学院修士課程入学
2005年 京都市立芸術大学大学院 修了
2006年 アクセサリー制作開始/知恩寺手作り市などに出店開始
2007年 北白川ちせ開店

ちせさんのHP→http://chise.in


Ryota Taniuchiさんの商品はコチラ↓
サンプル

Mobile